お台場旧車天国2018第二弾!昭和のバイクは今も元気!!

お台場旧車天国2018第二弾!昭和のバイク絶版車の大道を行く、ウエマツのブースにお邪魔しました。ウエマツと言えば、カスタマイズや旧車をものの見事に復活させ、新車に生まれ変わらせる技術は天下一品!

 

 

お台場旧車天国の会場を上から眺めているとバイクやクルマをはじめ、昭和の良き時代にタイムスリップしたかのように、色んな思い出が頭の中をよぎっていきます。

 

 

20年前の価格が、こんなだったんですよね?

 

 

ナナハンブームの立役者!HONDA CB750 FOOR K0~の価格は当時、新車で40万円を切る価格で買えたような気がしますが?消費税も無い昭和の高度成長期に、こんな化け物が出ると驚きでした、少年達の憧れのマシーンと言っても過言ではなかったです。

 

 

価格応談(ASK)ピッカピカの CB750の お値段はいったいどれくらい?

 

 

HONDAのCB1100R!もうこの時代には1000ccも珍しくありませんでしたね♪

 

 

 

なんと、ド迫力のマシーン!ホンダCBX1000は6気筒エンジンを搭載!世界中の旧車のなかでも希少な存在です。中古車の相場価格は年々高騰していますね。

 

 

Z1,Z2は、日本の名車!現代でもピッカピカのZに憧れるライダーも少なくありません。価格もかなり高騰していますが人気は不動の物!

 

 

2サイクルと言えば、マッパ!じゃじゃ馬感は半端ない~です!

 

 

 

 

それにしてもウエマツのマシーンの多さに驚きです!

 

 

お客さんも、思わず立ち入って見とれる方も少なくありません。

 

 

ウエマツのお客さんのマシーン一台々に、仕様や説明が表示されていますが、どのマシーンもピッカピカです。

 

 

 

お台場旧車天にはクルマに負けず、もっともっとバイクも参加してほしいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です