ラスベガスの街で出会ったスーパーカー・オールドカー・バイクに癒されて!

ラスベガスの街を探索しながらスーパーカー・オールドカー・バイクに癒されて、ついついカメラを向けて写真撮影をしてしまいました。

 

 

ラスベガスの街を走っていると、あちらにもこちらにもハーレーダビッドソンやアメリカンバイクが気持ち良さそうに走っています!

 

 

ラスベガスの富裕層も、やはりフェラーリを乗り回しているんですね。見るからにお金持ちの紳士の方がドライブしていましたが、さすが LAS VEGAS!

 

 

渋滞中に横にあらわれたスーパーカーは、なんだ!

 

 

なんと、あのF1のマクラーレンが造り上げたマシーンは、かなり高価でカッコイイです!まさかラスベガスで会えるとは!スーパーカー好きには堪りませんね。

 

 

英国のマクラーレンオートモーティブのマクラーレン・セナは、世界限定500台を生産する計画で、本国・英国での価格は、75万ポンド(約1億1385万円)とかなり高価ですが、スーパーカー、マクラーレン・セナとしては妥当な価格ですね。

 

 

今でも世界中から愛されている、故アイルトン・セナは伝説のF1ドライバー!75万ポンド(1億1385円)でも驚きの価格ですが、サーキット仕様の新モデルマクラーレン・セナ、最後の1台は、マクラーレンの顧客向けチャリティオークションに出品されました。

マクラーレン・セナは、500台全て完売と報じられていたため、オークションでの発表は大変なサプライズとなり、その結果激しい競りが繰り広げられ、通常価格の3倍程となる200万ポンド(日本円で約3億円)にて落札されたようです。Response・カーナリズム引用

 

 

ラスベガスのプレミアムアウトレットでショッピングを楽しみたいと、ちょっと寄ってみました。

 

 

アウトレットにも、バイクでお買い物に来ていますね!

 

 

GO! GO! アメリカン! と言う感じが半端なく出ています。それにしてもラスベガスは暑い!40℃以上は当たり前、背中がジリジリと太陽の熱を感じてます!日焼け止めは必需品ですよ。でも日本の様に湿度は高くないです、3~7%と低いのです!

 

 

かなり広いアウトレットモールです、お土産を購入するにもオススメです。

 

 

なんやら、お客様のキッズ達が喜んでいる人気の?が、なんと煙が出ているような、ドライアイスか?これは面白いと撮影してインスタ映えもバッチリですね!

 

 

フードコートも充実してます。

 

 

見つけましたよ!アメリカンらしく、とてもユニークなマシーンが展示されていました。

 

 

 

こんなアメリカンバイクで、ツーリングやラスベガスの街を走ったら、かなりの注目を浴びますね!

 

 

 

ポンティアックは、まだまだ現役で走ってます!

 

 

Kawasakiのニンジャも見かけましたが、いいですね日本のメーカーと遭遇するとは、日本人として誇りに思います。

 

 

ちょいと燃料補給にガソリンスタンドに寄ってみました。

 

 

普通のコンボイのトレーラーは普段走っているのですが、タンクローリーは実際に見たことないので、ラッキーでした。

 

 

さすがアメリカのタンクローリーコンボイは連結しているので、かなりの長さがありド迫力満点です。これは凄い!

 

 

 

こちらの駐車場にもアメリカンバイクが!日本でもハーレーダビッドソンは人気が高いです。

 

 

jeepもクルマ好きの目を楽しませてくれ、かなりのカスタマイズが程かされたいます。

 

 

なんやら、けん引出来るようになっていますが、ちょっと不明です?

 

 

 

アメリカには日本と違って、車検制度と言うものがありません。そういった観点からもカスタマイズしているクルマも見受けられますが、こちらはドアがないようです。内装もかなりカスタマイズされてます。

 

 

どっかしら、トランプ氏に似ているような?

 

 

空港にも面白いマシーンがあると言う事で、行って見る事に!

 

 

古き良き時代のアメリカのクルマ、リーゼントとポニーテールの良く似合う若者が乗っているオープンカーは、やがて日本でも流行したと伝えられています、歴史を感じますね。

 

 

なんやら色んな装備がついていますが、レスキュー車にも見えますが?

 

 

向こう側には小型飛行機が!空港も外国人観光客を楽しませてくれます。

 

 

ラスベガスの空港でも、ハーレーダビッドソンのカジノマシーンが!さすがカジノの街ですね。

 

 

ハーレーダビッドソンのショップもあります。

 

 

色んなグッズがありますので、お土産にも喜ばれます。

 

 

ラスベガスはスーパーカーに乗ってサーキット走行出来たり、公道のレンタルやSlingshot(Three-Wheel Motorcycle)レンタルが出来る運営会社が多く存在しますので、スーパーカー好きな方には是非、サーキットを満喫していただきたいと思います。(サーキット情報は後日紹介致しますのでお楽しみに!)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です