TOKYO MOTOR SHOW 2017 第1弾

TOKYO MOTOR SHOW 2017 プレビューデーにいち早く言ってまいりましたが、とにかく車のイメージが強いMOTORSHOWですが、バイクも盛り上がっていましたし最高の一日でした。

綺麗なコンパニオンさんが勢揃いです、とにかくカメラ小僧でなくカメラ親父が多く、これもまた日本の文化です良いんじゃないですか

 

本当に、家族連れやカップル友達同士などアットホーム的な雰囲気でなかなか良い感じです、こちらのブースはSUZUKIですがオヤジ達はもちろん家族連れや、カップル、友達と来ていた方々がマシーンをジックリと見ていました「これ欲しいな!」感が半端なく伝わってきてます。

 

もっとバイクに乗ろうよ若者たちと言いたいですが、これも時代の流れですか昭和の時代はバイクは若い人達の乗り物でしたが、今じゃオヤジの乗り物としてのイメージが強いです

 

 

やはりバーチャル体験が出来る、このコーナーがGiGi Rider 夢ちゃんは好きです少年になった様なそんな気持ちにさせてくれます

 

 

YAMAHAのブースですが、いきなりロッシのマシーンがあり皆さん順番待ちで写真撮影をしていましたが、GiGi Rider 夢ちゃんも撮りたかったけど、なかなか順番が回らずに諦める事になり残念でした

 

 

こちらのお父さん、真剣に各部をチェックしていましたが結構気に入ったかもしれません

 

 

YAMAHAのマシーンにダースベイダーが乗っているのかと思いきや?何宇宙人かなんか良く分からないですが、地球に宇宙人が来てバイクに乗る事も考えられますが、どうでしょう

MOTOBOT ver2(モトボット バージョン2)

 

 

YAMAHAのMOTOROiDというマシーンですが、やはり名前の通りバイクとロボットですか?

 

 

YAMAHAと言えば、転ばないバイクが代名詞となっておりますがコンセプトは、それの進化版でしょうか、とにかく面白そうですねMWC-4(前後2輪づつ4輪車)モータードライブを採用しYAMAHAのLMWで培った、姿勢制御技術を採用してるコンセプトモデルです

 

 

HONDAのブースですが、なにやら綺麗なお姉さんが乗ってアピールしてますが超カッコイイです、GiGi Rider夢ちゃんを乗っけて欲しいですが、いかがでしょうか

 

 

ツーリングと題してビッグバイクが勢揃いしています

 

 

モンキーが生産終了となり、変わって125CCで復活すると話題になってましたが、これがそうでしょう、ちょっと大きめですがモンスターには間違いありません

 

 

モンキーには、良い思い出が沢山ありました可愛らしくて乗っていて楽しかったです

 

 

スーパーカブ軍団のオンパレードです、スーパーカブにお世話になっている方も、少なくないのでは

 

 

CBRですね、相変わらずカッコイイです、乗りたいけどGiGiRider夢ちゃんにはちょっときつそうですが、もう少し若ければ乗ってもいいですが

 

 

CBR250RR CONCEPTですね

 

 

KAWASAKIと言えば、Z1,Z2未だに凄い人気を誇っていますますし値段はと言うと、とんでもない値段300万代とか400万円とか世の中に出回っていますが、未だに人気が高い名車です

 

今でも最近のバイクの様な輝きです、凄いです親父ライダーが群がっていました

 

 

これは凄いです、Ninja 速そうです

 

 

こちらのブースはKYBのサスペンションですが、GiGiRider夢ちゃんが少年時代に腕をみがいたモトクロスバイクは懐かしいです。クルマもバイクも全体的なバランスが大事です、私CARちゃんは20代の頃にクルマのショックアブソーバーはKAYABA製を装着していました、当時は若者に結構人気があったと記憶してます。

 

 

HARLEY-DAVIDSONのブースですが、ほとんどがトライクばかりでした、カッコイイです

 

 

ハーレーのブースには、こんな美人さんがパンフレットを配ってたので、直ぐに貰いに行く夢ちゃんでしたが、心理的にそうなるでしょう親父ライダーは?

 

 

こちらは最後の方に見つけたのですが、村瀬選手の等身大パネルとマシーンです今後の活躍に期待してます。手前側にあるポケバイが気になりますが、可愛いです!欲しいです!貰っちゃいますか。

 

 

以上がTOKYO MOTOR SHOWのレポートでしたがカメラの調子が悪くあまり多くのショット写真を取ることが出来ませんでした、次回のブログも皆さんに、価値ある情報を提供したいと思いますのでお楽しみに!

motor cycle 夢の国 レポーターのGiGi Rider 夢ちゃんでした

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です